通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

ATX電源 (オリジナル)

辞書:電算用語の基礎知識 計算機PC内部技術編 (TCPC)
読み:エイティーエックスでんげん
外語:ATX Power supply 英語
品詞:名詞
2005/01/10 作成
2022/05/02 更新

ATX電源規格の一つで、当初のもの。後継となるATX12V電源に移行しており、今では使われていない。

Pentium 4以前のATXフォームファクター用として使われていた。

後継は、同じくATXで規定されるATX12V電源である。

供給電圧等

+3.3V+5V、+5VSB、−5V+12V−12Vの電源に加え、電源ボタンの状態を通知する信号線が存在する。

なお、+5VSBとはSB(スタンバイ)、すなわちシャットダウン後にマザーボードに対して供給する待機電力である。

コネクター

電源装置からマザーボードへの接続は、10ピン×2列で計20ピンのメインコネクター(MBUコネクター)を用いる。

メイン電源供給コネクター (マザーボード側のコネクター上面図)
メイン電源供給コネクター (マザーボード側のコネクター上面図)

特徴

AT電源との違いは大きく二つある。

  1. 電源スイッチが、メカニカルスイッチからソフトパワースイッチに変わった。
  2. +3.3V電源が追加された。

その他にも次のような変更点がある。

  1. スタンバイ電源が追加された。
  2. メインコネクター(MBUコネクター)が20ピンに変更された。

メインコネクター20ピン中、+5Vは4ピン、+3.3Vは3ピンあるが、+12Vは1ピンしかなく電流量にも限度がある仕様上の難点がある。

これはこの規格が作られた当時、あまり12V系電源が重視されていなかったためだが、後に12Vが多用されるに到ったことから、12V系を強化した後継の電源ユニット、ATX12V電源が規定されることとなった。

用語の所属
電源ユニット
ATX電源 (規格)
関連する用語
ATX12V電源

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club