通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

電源ユニット

辞書:電算用語の基礎知識 計算機PC内部技術編 (TCPC)
読み:でんげんきかく
外語:power unit 英語
品詞:名詞
2005/01/10 作成
2014/01/24 更新

電源供給装置のこと。

様々な分野で様々に規定されているが、パーソナルコンピューター(PC)用のものも、規格化されている。

現在のPC用としては大きく、次の種類がある。

  • AT電源
  • ATX電源
  • WTX電源
  • SSI電源
  • FlexATX電源

    FlexATXフォームファクター用。

  • CFX12V電源

    CFXフォームファクター用。

  • LFX電源

    LFXフォームファクター用。

  • NLX電源

    NLXフォームファクター用。

  • PS3電源

    ATX系だが小型のもの。

  • SFX電源
    • SFX電源

      SFXフォームファクター用。

    • SFX12V電源

      SFX電源に4ピンのATX12Vコネクター相当品を追加したもの。

  • TFX電源

    TFXフォームファクター用。

購入する際の重要なポイントは、電源装置の寸法、供給電源容量、そしてマザーボードに接続するコネクターの仕様である。

電源ケーブル

製品にもよるが、電源装置から出てくる主な電源ケーブルのコネクターは、次の通り。

以下は、需要がないため削除されているか、変換ケーブル経由になっていることがあるもの。

  • AUXコネクター (6ピン)
  • Floppy Power Connector (4ピン)

規格

現在使われているATX電源と、互換性がある各電源ユニット間の違いは次の通り。

規格MBUコネクター12VコネクターPCI-EコネクターSerial ATAコネクター
ATX12V Ver224ピン4ピン必須
ATX12V (旧規格)20ピンVer1.3以降でオプション
ATX (旧規格)なし
SFX20ピン(ver2まで)
24ピン(ver3から)
4ピンVer2.3以降でオプション
Ver3以降で必須
EPS24ピン8ピン6ピン(オプション)オプション

80PLUS

80PLUSは、電源の変換効率を定める規格である。

ハイグレードなランクに認証されている電源ほど、効率がよい。

レーン

特に12V系に関して「シングルレーン」と「デュアルレーン(またはマルチレーン)」の記載がある。

これは、電源電圧を作っている電源回路の数を表わしており、シングルレーンなら一つだけ、デュアルレーンなら二つ、存在することになる。

複数の電源回路がある方が電流の上限値が高いため、CPU、グラフィックカード、ハードディスク等のストレージと、電力を必要とする装置に対して柔軟に電源供給することができる。

コンバイン出力

出力は複数あっても、実際は同じ電源回路から作れているため一つの電源系統となっているものを「コンバイン出力」という。

多くの場合、あまり需要のない5Vと3.3Vは、同じ5Vの電源回路から作られている。3.3Vは5Vから降圧回路(DC-DCコンバーター)で作られていることが多い。なお、5Vでも、スタンバイ電源の5Vは、メインの5Vが電源オフになっているときも出力できるよう別系統となっていることが多い。

AT電源

AT電源は大昔に使われていたもので、±5Vと±12Vを2つの6ピンコネクターで供給する。

次に紹介するATX電源との差としては、+3.3Vがないこと、電源は人間が手で切ること、などがある。

ATX電源

ATX電源は、現在のパーソナルコンピューター用として一般的なものである。

かつては20ピンのメインコネクターを用いており、現在は後述するEPS電源から輸入した24ピンのメインコネクターを用いる。

スタンバイ電源は+5Vである。

AT電源との違いとして+3.3Vの追加、電源はマザーボード側からの指令によりON/OFFすること、がある。

WTX電源

WTX電源はマイナーだが、P1が24ピン、P2が22ピン、P3が8ピンと、3種類のコネクターを用いる。

スタンバイが+3.3Vになっている。

SSI電源(EPS電源)

SSI電源は、24ピンのメインコネクターを用いるもの。この一つがEPS電源である。

コネクターは違うが供給電源の仕様はATX電源のものと互換性があり、スタンバイ電源も+5Vである。

ATXマザーボードでも、現在ではメイン電源供給コネクターが24ピンになっているものが多い。市販の電源装置では、変換ケーブルを添付したり、24ピンから4ピンだけ脱着可能としていたり等の対策を講じた製品が主流である。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club