通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

DOSエクステンダー

辞書:電算用語の基礎知識 ソフトカテゴリー編 (PTSOFTC)
読み:ドス・エクステンダー
外語:DOS Extender 英語
品詞:名詞
2002/06/03 作成
2011/09/01 更新

80286i386のプロテクトモードを使用するプログラムを、MS-DOSリアルモードから動作させるためのソフトウェアの総称。最後の音引きを略して「DOSエクステンダ」とも。

1Miバイト以上のプロテクトメモリーを扱う機能を提供する。

なお、現在ではi386以上のプロセッサーを対象にして32ビット機能を利用したものが多い。

MS-DOSではEMSなどの拡張メモリーを使わない場合、標準では540Kiバイト程度(最大でも640Kiバイト)のメモリーしか利用できず、また拡張メモリーもプログラムを組む上では扱いにくく移植などには向かない場合が多い。

だが、DOSエクステンダーを使うと実装されている広大なプロテクトメモリーを簡単に使うことができるため、CADなどの大量のメモリーを必要とするプログラムをMS-DOS上で動作させることができる。

代表的なDOSエクステンダーとしては、京都マイクロコンピュータ(株)が開発し、「アスキー日本語TeX」などに使われているEXE386や、DJ Delorie氏が開発し、フリーのC/C++コンパイラーDJGPPで使われるGO32などがある。

関連する技術
80286
i386
採用しているソフトウェア
TeX
DJGPP
関連する用語
MS-DOS
ソフトウェア
EMS

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club