通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

FAT12

辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・論理編 (TTDISKL)
読み:ファットじゅうに
外語:FAT12: File Allocation Table 12 英語
品詞:名詞
1997/07/31 作成
2012/10/21 更新

FATの一つで、FAT領域のクラスター番号を12ビットで管理するファイルシステム(ディスク管理方法)のこと。

FATは、クラスターリンク情報をテーブルとして持つことを特徴とするファイルシステム(ディスク管理方法)である。

このクラスター番号を12ビット長で管理するものがFAT12ということになる。

対応環境

MS-DOS 1として最初の版登場以来、FAT12に対応している。また、MS-DOS 2まではFAT12しかサポートしていなかった。

MS-DOS 3からはFAT16に対応したが、対応セクター数が16ビット(65,536個)と少なく、(当時としての)大容量ドライブには対応できていなかった。

PC-9801では、SCSIでFAT16のフォーマットがサポートされるのは、MS-DOS version 5.xx以降であり、これ以降、次第にFAT16へと移行していった。

現在ではフロッピーディスクUSBメモリーなどの低〜中容量媒体用として使われている。

クラスター番号

クラスター間リンクのアドレッシングとセクター数を12ビット単位で管理している。

FATとして世に誕生したばかりの頃は、処理が簡単な8ビット単位だった。しかしこれでは不足したが、当時として16ビットへの拡張は無駄と判断されたらしく、その中間の12ビットとして作られた。

その後Windowsでも採用され、ディスク管理の標準的なシステムとして定着した。

制限

FAT12は実用的な最大容量が20Miバイト程度までという制限がある。

かつてのPC-9800シリーズ用のSASIハードディスクドライブでは1024バイト単位でセクター管理しており、最大40Miバイトまでを12ビットFATでフォーマットしていた。しかしこの時のクラスター長は16Kiバイトもあり、非常に効率が悪かった。

またPC/AT互換機のように512バイトセクター環境の場合は、最大でも32Miバイトが限度となる。

PC-9801ハードディスク

PC-9801でのハードディスクフォーマットは、次の通り。

I/Fフォーマット形式最大容量領域数論理セクター長クラスター長FAT長
SASI標準format20MiB11024バイト8KiB12ビット
拡張format40MiB81024バイト2〜16KiB12ビット
SCSI拡張format2GiB8・16256〜2048バイト2〜32KiB12〜16ビット
用語の所属
ファイルシステム
FAT
12
関連する用語
FAT16
FAT32

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club