通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

HyperTransport 2.0

辞書:電算用語の基礎知識 計算機PC内部技術編 (TCPC)
読み:ハイパートランスポート・にーてんゼロ
外語:HyperTransport 2.0 英語
品詞:固有名詞
2004/02/11 作成
2007/04/27 更新

AMDなどが開発した、マザーボード上に実装されるチップ間インターフェイスHyperTransportの第二版。

HyperTransport 1.1の後継で、HyperTransport Technology Consortiumが管理とライセンス供与を行なっている。

2.0では、接続速度が1.xと比べ最大75%向上、パソコンと周辺機器間、パソコン同士の高速接続を実現するPCI Expressにも対応する。

バス周波数

バス速度が向上した。

1.1ではバス周波数800MHzで、最大帯域幅は12.8Gバイト/秒だったが、2.0ではバス周波数が1.0、1.2、1.4GHzに向上し、最大帯域幅は1レーンあたり2.0、2.4、2.8Gバイト/秒に高速化され、全体で最大22.4Gバイト/秒となった。

物理層

物理層の仕様に関しては大きく変更されておらず、1.1規格との上位互換性が保たれている。

この規格に対抗するIntel規格のバスには、次のものがある。

これらについては、1.xの頃と変わらず、PCコンポーネント間接続に関してはPCI Expressである。

HyperTransport勢としては、規格の競合を避けるために、PCIの後継はPCI Expressとし、HyperTransportは内部バスとしてのみ用いることにした。

メーカー
AMD
関連する技術用語
HyperTransport
PCI Express
HubLink

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club