通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

JPEG

辞書:電算用語の基礎知識 ファイル音像編 (PFAV)
読み:ジェイペグ
外語:JPEG: Joint Photographic Experts Group 英語
品詞:団体組織名
2001/03/03 作成
2007/06/08 更新

画像符号化の標準化を目的として設立された組織の名で、ISOITU-T(旧CCITT)の共同組織。

1990(平成2)年にJPEGで制定された静止画の国際標準規格はIS 10918-1(ITU-T T.81)で、画像ファイルとして扱う手法をJFIFと呼ぶ。

が、一般にはJFIFのことをJPEGという組織名で呼ぶことが多い。

圧縮

主にフルカラー写真画像を対象としたフォーマットであり、前段にDCT(離散コサイン変換)と呼ばれる量子化を基本とした非可逆な圧縮を採用し、後段にハフマン符号または算術圧縮を利用している。

圧縮率は可変であるが、圧縮率を上げ過ぎると独特のブロックノイズ(特に色の差の激しい境界部分で発生する)が発生しやすい。そのため、写真などの圧縮には向くが、線画には不適である。

可逆圧縮

なおJPEGの可逆圧縮(ロスレスJPEG)も存在する。

予測フィルターを通した後にハフマン法または算術圧縮法で圧縮したものだが、圧縮率と普及率の低さから、殆ど使われていない。

特許問題

国際標準でかつフリーなフォーマットとして愛用されてきたが、米国テキサス州のForgent Networks社が2002(平成14)年7月、突然画像圧縮の特許に関するライセンス料を要求しだし業界を(GIFに続きまたも)騒然とさせた。

特許のポイントは、周囲と平均を取ってデータを削減する、という点である。業界ではまずソニーがライセンス契約を締結、その金額は1500万ドルだった。

関連するリンク
JPEG - JBIG
趣旨
画像ファイル
関連する仕様
Motion JPEG
JPEG 2000
JFIF
JNG
関連する技術
DCT
量子化
ハフマン符号
算術圧縮
圧縮アルゴリズム
関連する用語
JPEG画像
MPEG
ISO
ITU-T

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club