通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

MSXturboR

辞書:電算用語の基礎知識 計算機固有名詞編 (TCPROD)
読み:エムエスエックス・ターボ・アー
外語:MSXturboR: MicroSoft X turbo RISC 英語
品詞:商品名
2004/08/03 作成
2008/03/12 更新

MSXシリーズの第4シリーズにして最終シリーズ。先代MSX2/MSX2+の上位互換パソコンで、遂にCPUにも手が加えられた。

MSXturboRは2機種しかなく、パナソニックのFS-A1ST・FS-A1GTがある。

Panasonic MSXturboR FS-A1GT
Panasonic MSXturboR FS-A1GT

部品まわり

CPUは従来のZ80A相当品に加え、アスキーが独自開発したCPUのR800を採用した。

主要部品は次の通り。

BASICやOS

高速CPUに対応するためにはソフトウェア側の対応も必要となったため、日本語MSX-DOS2が標準装備されるようになった。

そしてMSX-DOS2で使うため、メモリーマッパー機能に関するBIOS機能が追加され、RAMも標準で256Kiバイトが搭載されている。

拡張された機能を使うため、専用のBASIC言語としてMSX BASIC Ver 4.0が用意されている。

MIDIとGUI

パナソニックFS-A1GTではMIDI対応となり、加えてMSX Viewが搭載された。

これに対応したBASIC言語はMSX BASIC Ver 4.1である。

ここでもMSX3ではなくMSXturboRという名が選ばれたのは、CPUの能力に見合う高速なVDPが用意できなかったため、とされている。

当時、V9990というVDPを開発中だったが開発が間に合わず、遂に公式に採用されることはなかった。

属する技術
パーソナルコンピューター
MSX (総称)
関連するハードウェア
R800
Z80
V9958
AY-3-8910
MSX-Engine
関連するソフトウェア
MSX BASIC
MSX-DOS
関連する用語
MIDI
VDP
アスキー

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club