通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

MSX-Engine

辞書:科学用語の基礎知識 半導体商品名編 (INIC)
読み:エムエスエックス・エンジン
外語:MSX-Engine 英語
品詞:商品名
2004/08/03 作成
2008/03/12 更新

MSXパソコンの主要機能を持つカスタムCPU製品。東芝の製品が多い。

周辺機能のみでCPUを含まない製品にMSX Systemがある。

MSXMSX2の頃に作られ、MSX2の主要機能の大半を含み、MSX2普及機以降のほぼ全機種で採用されている。ちなみにソニーは頑に採用を拒み、DIPのZ80A等を使っていた。

Z80(Z80A)相当のCPUを中心に、AY-3-8910相当のPSG8255相当のパラレルポートが搭載されている。CMTインターフェイスやキーボードインターフェイス、プリンターポートも、このLSI一つで賄うことができる。

このLSIが作られたことで、LSIの減価償却後は主要部分を安価に製造可能となり、松下からは何と29,800円の製品が登場したのである。

このLSIがなければ、PSG、8255、その周辺の74シリーズなどは自前で調達し基板に実装せねばならないが、これは基板面積も金銭的コストも掛かる。

MSXの場合、CMTインターフェイスやジョイスティックポートはPSGで、キーボードインターフェイスやプリンターポートは8255で処理されるが、これらの機能がまとめて1チップになれば、それだけ安価になる、という理屈である。

MSX各機種用に製品が用意されている。

一部情報ソースでは「T7775」という名も見られるが、存在は確認できていない。

T7937 (東芝製)

MSXで採用されたMSX-Engineである。

Z80 CPU、PPIPSGTMS9918相当のVDPを搭載しているオールインワンパッケージである。

パッケージは144ピンQFP

T9769 (東芝製)

MSX2+/MSXturboRで採用されたMSX-Engineである。

松下電器のMSX2+ではT9769B、MSXturboRや三洋のMSX2+であるPHC-70FD(WAVY70FD)、PHC-70FD2(WAVY70FD2)ではT9769Cが使われている。またMSXturboRでは、T9769Cに加えてバスコントローラーS1990を併用している。

Z80 CPU、PPIRTCPSGを搭載している。VDP以外の主要機能の殆どがワンチップ化されている。

パッケージは144ピンQFP

BとCの仕様の差などは定かではない。MSXturboRでR800使用中は、内部のZ80を停止させる機能がT9769Cには盛り込まれているようである。

関連するハードウェア
Z80
AY-3-8910
8255
採用している製品
MSX
MSX2
MSX2+
MSXturboR

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club