通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

Microsoft Windows 95 OSR2

辞書:電算用語の基礎知識 OS編 (PNOS)
読み:マイクロソフト・ウィンドウズ・きゅうじゅうご・オウエスアートゥー
外語:Microsoft Windows 95 OSR2 英語
品詞:商品名
1997/02/15 作成
2008/07/18 更新

Windows 95の後期リリース版の一つで、OEM専用。

バージョン番号

  • 表示バージョン番号 ‐ ver 4.00.950 B
  • 内部バージョン番号 ‐ 4.00.1111

新機能

Windows 95 SP1の後継であり、次のような新機能に対応した。

  • FAT32の採用
  • OpenGL標準採用
  • WDM搭載
  • SP1(Service Pack 1)以降のバグ修正モジュールの追加
  • 多連装CD-ROMドライブ対応
  • Zipドライブ対応
  • SuperDisk対応
  • CD-I対応
  • バスマスターIDEドライバーへの対応
  • Internet Explorer 3(3.0)標準添付

また、正常にWindowsが終了できなかった時、次回起動時にBEEPで警告を行ない自動でscandiskを起動したり等の改良も行なわれている。

プラグアンドプレイ

Windows 95の要であるプラグアンドプレイが改良された。

  • 従来のWindows 95では不可能だった同一割り込みの共有が可能となった。
  • PCI to PCIブリッジやCard BusといったPCIの新仕様をサポートした
  • 一枚のPCカードで複数の機能を持ったマルチファンクションカードへの対応

トラブル

しかし、OSR2はあまりのトラブルの多さのため、一部で大騒ぎとなった。

バグ修正モジュールの方が、実はSP1よりバグっていたものがあったためである。

このため、「Microsoftの新規格の新製品は必ずトラブる」が定説となった。

オープニング画面

OSR1(SP1)までのオープニング画面は「Windows 95」だけであるが、OSR2では「Windows 95 Internet Explorer」と、画面が変わっている。

また画面下のアニメーションも、OSR1(SP1)までは←方向にカクカク動くのみであったが、OSR2以降では→方向に滑らかにニメーションをするようになった。但し、この変更点はPC/AT互換機用のもののみで、PC-9801/9821用のものでは古いままである。また、PC/AT互換機用でも一部のプリインストールマシンでは、やはり古いままである。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club