通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

NetWare

辞書:電算用語の基礎知識 OS編 (PNOS)
読み:ネットウェア
外語:NetWare 英語
品詞:商品名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

Novellにより作られたClient/ServerタイプのネットワークOS(NOS)。NOSとしては最も有名なものの一つ。

パーソナルコンピューターネットワークの黎明期に登場した。Windowsにネットワーク機能が標準搭載されるようになってからは劣勢となり、導入ケースも大幅に減少したが、現在もなお一部で人気と地位を保ち続けている。

"NetWare 3" の後継は、今までのイメージカラーである赤を捨てて白箱に収納された "IntranetWare 4" だが、色も名前も不評だったらしく、その後継 "NetWare 5" では元の名前で赤箱に戻っている。

NetWareは基本的にはIPX/SPXと呼ばれるプロトコルを利用するのが特徴だが、NetWare 5からは遂にTCP/IPも利用できるようになった。DNSやDHCPもTCP/IP用のものをそのまま利用することができる。

2002(平成14)年1月15日に発表された "NetWare 6" からは独自プロトコルを使用せず、Windows/Macintosh/UNIX混在環境でのファイル/プリントサーバーOSとして生き残りを図ることとなった。従来は各OSごとにNetWare Clientなどのクライアントソフトが必要だったが、NetWare 6ではWindowsのCIFS(Common Internet File System)、UNIX系OSのNFS(Network File System)、MacintoshのAFP(AppleTalk Filing Protocol)、NetWare ClientのNCP(NetWare Core Protocol)を標準搭載しており、各種クライアントOSがなくてもファイル共有できるようになった。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club