通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

IPX/SPX

辞書:通信用語の基礎知識 通信手順中編 (CPTRAN)
読み:アイピーエックス・エスピーエックス
外語:IPX/SPX: Internet Packet eXchange / Sequenced Packet eXchange 英語
品詞:固有名詞
2000/12/06 作成
2007/10/08 更新

Novell社が、Xerox Network Standard(XNS)を参考に開発した独自のプロトコルで、NetWare 3.11以前のバージョンではNetWareで使える唯一のプロトコルだった。

目次

IPX/SPXというのは二つのプロトコルをまとめた呼称であり、パケット伝送を司る下位のIPXと、その上で動作し誤り訂正などを行なうSPXとがある。

ちなみにNetWareのファイルサーバー機能などは、IPXの上で動くNCPが使われており、SPXではない。

特徴はクライアント側に細かな設定が不要であるという点で、アドレスなど、面倒なものは全て自動で設定してくれる。

しかし元々LAN用に開発されたもので、不要なパケットが流れるなどWANには不適な面があったり、IPに比べて大量のブロードキャストパケットが流れるなど、IPより弱い点がいくつかある。

そこで、NetWare 5からは遂にIPX/SPXの代わりにTCP/IPも利用可能となった。

用語の所属
NetWare
LAN
関連する用語
IPX
SPX
XNS
OSI参照モデル
WAN
IP
TCP/IP
NetBEUI

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club