通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

OS/2

辞書:電算用語の基礎知識 OS編 (PNOS)
読み:オウエストゥー
外語:OS/2 英語
品詞:商品名
1998/01/27 作成
2010/08/20 更新

元々はMicrosoftIBMが共同開発した32ビットのオペレーティングシステムである。当初はCUIのOSだったが、後のバージョンでGUI化された。

目次

Version 1は1988(昭和63)年に出荷された。

この当時はMicrosoftもMicrosoft WindowsをOS/2へ統合する予定でおり、Version 2までは両社が共同で開発されていたが、その後喧嘩別れした。

IBMはそのままOS/2の開発を続けてリリースしたのが「OS/2 Warp」シリーズ、同様にMicrosoftがリリースしたのが「Microsoft Windows NT」シリーズである。

OS/2はマルチメディア機能が劣っていたり等、Windowsと比べて「見栄え」に欠けたためなかなか普及せず、そのためデバイスドライバー等の数も少なく、これが更に利用者増加の足かせとなった。

結果としてOS/2は商業的に敗北、2006(平成18)年12月31日をもってOS/2の全活動が終了された。

OS/2のオープンソース化が求められることになるが、検討の結果、ビジネス的、技術的、および法的な理由から無理との結論に至ったとされる。

用語の所属
オペレーティングシステム
関連する用語
AIX
OS/2 Warp
Microsoft Windows

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club