通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

デフォルトルート

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:デフォルトルート
外語:default route 英語
品詞:名詞
1999/03/23 作成
2016/09/19 更新

未知の宛先のパケットを託す経路(ルート)のこと。

目次

ルーティングテーブルにない宛先に用いるための特別な経路(ルート)。

ルーティングテーブルでは、IPv4では「0.0.0.0/0」、IPv6では「::/0」と表記する。

ルーターの内部にはルーティングテーブルと呼ばれる参照表が存在し、宛先に対して自分に接続されたネットワークでどの方向にパケットを送り出すのが最も近いかを判断する機構が搭載されている。

但し、基本的に各ルーターが知るのは自分に接続されているネットワーク(隣接ルート)のみで、一台が世界中の情報を管理しているわけではない。分からない宛先の場合には、このデフォルトルートへ優先的に送出し、先にあるルーターに判断を任せるという方法を取る。

これにより、ルーティング作業は大幅に簡略化されつつも、安定したネットワーク接続が実現されている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club