通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ブラウザークラッシャー

辞書:通信用語の基礎知識 通信俗語地下編 (CZUG)
読み:ブラウザクラッシャー
外語:browser crasher 英語
品詞:名詞
1999/11/09 作成
2009/08/26 更新

Webブラウザーバグなどを突き、Webブラウザーを異常動作させたりする罠のこと。略して「ブラクラ」、俗に「部落」ともいう。

古くからあるが、一般に嫌がらせ行為であり、レベルの高いクラッカーがやるような事ではない。

アングラ系サイトの掲示板などでは、時々荒らしにより罠が仕掛けられることがあるので、注意が必要である。

次のようなものがある。

犯罪

ブラクラで逮捕された例は現時点では聞かれないが、ブラクラの設置はIPアドレスのみならず様々な情報をWebサーバーに残すことになるので、逮捕相当となれば、逮捕される可能性は高い。

なお、これを作って他人に危害を加えると、刑法第261条【器物損壊等】により3年以下の懲役又は30万円以下の罰金若しくは科料に処される。

精神的ブラクラ

見た人に精神的なダメージを与えるような画像やページ(グロ画像など)をブラクラ、精神的ブラクラと呼ぶことがある。

語源からするに正しい表現とはいえない。

用語の所属
Webブラウザー
関連する用語
Mailtoストーム
アンダーグラウンド

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club