通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ベストエフォート

辞書:通信用語の基礎知識 通信用語業務編 (CYSVC)
読み:ベストエフォート
外語:best effort 英語
品詞:名詞
1999/09/12 作成
2007/04/13 更新

保証はしないが、最善の努力(Best Effort)はする、というスタイル。つまり信頼性などのサービス品質(QoS)を保証しない形態のこと。

基本的な概念

例えば、インターネットのIPによるパケットの送受信は、基本的にベストエフォートである。

パケットが行き先に送られるように努力はするが、必ず到達するという保証は一切されていない。これを補うために、IPの上でTCPというプロトコルを使い信頼性を上げている。

つまりインターネット自体が構造的にベストエフォートなので、ISPから利用者に提供される回線品質がベストエフォートであることは、コスト的にも理論的にも無駄がない。

速度として

通信速度でベストエフォートと言った場合、以前からの常時接続サービスや、最近の光ファイバーによる常時接続も問わず、表示された通信速度は理論値で、これが常に実現されることはない。

なぜなら、こういった回線は超高速なバックボーンに接続されるより前に、何十、何百といった回線を一本で共有しているため、利用が一ヶ所だけなら理論上の速度があるが、もし二ヶ所から同時に利用されると最低で半分の速度にまで(理論上は)速度が落ち込むからである。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club