通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ワーム

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術安全編 (CTSEC)
読み:ワーム
外語:worm 英語
発音:wə́:rm 英語
品詞:名詞
1998/09/17 作成
2006/12/13 更新

コンピューターに寄生し、自分の複製をネットワークなどに複写し自己増殖を行なうソフトウェア。ウイルスと呼ばれることもあるが、通常は別物として扱われる。

現在までに作られたワームの中で有名なものには、次のようなものがある。

  • 1988(昭和63)年11月2日にRobert T. Morris Jr.によって放たれたUNIX用もの
  • 1999(平成11)年にDavid L. Smithによって放たれたWindows用のMelissa
  • 2000(平成12)年5月にフィリピン人に放たれたWindows用のILOVEYOU
  • 2001(平成13)年夏に流行したWindowsとIIS用のCode Red

Robert T. Morris Jr.

Robert T. Morris Jr.の放ったワームはsendmailのデバッグコマンドやfingerdのバッファーオーバフローを利用して次々と計算機に感染した。

しかし同じ計算機に再度感染したためにシステムの負荷が増大して管理者に発見された。この事件後、Robertのログイン名はRTMからRTFMに変更されている(注:RTMにはread the manual、RTFMにはread the fucking manualという意味がある)。

Melissa、ILOVEYOU

MelissaILOVEYOUは、どちらもMicsofoftのMUA、Microsoft OutlookおよびMicrosoft Outlook Expressの機能を悪用して繁殖するワームである。

この二つのMUAはセキュリティ上の問題が大きいので、安全のためにアンインストールし、別のMUAを使用することが望ましい。

Code Red

Code RedはMicsofoftのWebサーバーIISバグを悪用して繁殖するワームである。

このWebサーバーはセキュリティ上の問題が大きいので、安全のためアンインストールし、別のWebサーバーやOSを使用することが望ましい。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club