通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

公衆無線LAN

辞書:通信用語の基礎知識 通信用語業務編 (CYSVC)
読み:こうしゅうむせんラン
外語:hotspot 英語
品詞:名詞
2002/06/28 作成
2015/08/03 更新

空港、喫茶店などといった場所で、無線LANなどでネットワークが利用できるようになっているところ。

目次

ネットワーク接続には、BluetoothIEEE 802.11a/b/g/n系の無線LANが一般に使われている。

コンピューターセキュリティは、使用している無線LAN機器の機能(セキュリティレベル)に依存する。

英語ではHotspotというが、日本国内で「ホットスポット」はNTTコミュニケーションズ登録商標である。

日本国内で比較的よく知られる公衆無線LANサービスには、次のようなものがある(ABC、50音順)。

東海道新幹線の車内で提供されている公衆無線LANサービスは「車内インターネット接続サービス」と呼ばれている。

用語の所属
無線LAN
関連する用語
Bluetooth
IEEE 802.11
車内インターネット接続サービス

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club