通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

拡張GPS方式

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話サービス編 (WTELMS)
読み:かくちょうジーピーエスほうしき
品詞:名詞
2006/02/13 更新

携帯電話などを使った通信を併用することで、従来よりGPS受信端末での経緯度演算能力や機能を向上させたGPS測位方式のこと。

これにより、従来は困難だった繁華街などでも高い精度で測位できる。

2000(平成12)年1月14日NTTドコモ位置情報サービス「どこNavi」を活用するGPS機能搭載の情報端末「Naviewn(ナビューン)」を発売している。

技術は、米スナップトラック社が開発した。

これは、端末が受信したGPS衛星の位置情報を位置情報サービスセンターに送信し、センターはそれに応じて現在位置情報地図、タウン情報などを端末側へ送信する。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club