通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

010

辞書:通信用語の基礎知識 電話情報番号編 (WTELIN)
読み:ゼロいちゼロ
外語:010 英語
品詞:名詞
2003/04/29 作成
2008/07/24 更新

特番の一つで、国際プリフィックス。「(事業者識別番号)‐010‐国番号‐電話番号」。

次のような歴史を持つ。

  1. 携帯電話プリフィックス
  2. 国際電話プリフィックス

携帯電話

1999(平成11)年1月1日02:00(31日@750)までは携帯電話プリフィックス(010‐CDE‐FGHJ)として使われていた。

現在の090‐1に相当する。

国際電話

かつては、「事業者識別番号‐国番号‐電話番号」が日本の国際電話ダイアル方法だったが、国内電話と違って常に事業者識別番号が必要という問題があった。

そして、2001(平成13)年5月1日からマイラインを開始するにあたり、この仕様が問題となった。

そこで国際電話を掛けるためのプリフィックスを新規に作ることとなり、マイラインサービス開始日である2001(平成13)年5月1日より "010" が採用された。2年間の新旧方式併用の後、2003(平成15)年5月1日に旧方式は廃止された。

一般加入電話でマイライン・マイラインプラスに登録している場合、010‐国番号‐電話番号でダイアルできる。携帯電話PHS公衆電話では基本的には頭の事業者識別番号は省略できない。

所属する分野
国際電話
関連する番号
090

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club