通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

2G (携帯電話)

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:トゥージー
読み:にジー
外語:2G: The 2nd Generation 英語
品詞:名詞
2015/01/14 更新

第2世代移動通信方式のこと。

2Gは、アナログだった1Gに対し、ディジタル方式となったほか、FDMA方式からTDMA方式へと変わっているのが特徴である。

各国の状況

米、欧、日でそれぞれ異なるものが普及した。

  • IS-136(US-TDMA) (アメリカ)
  • GSM (欧州を中心として世界中に普及)
  • PDC (日本)

日本

日本では、NTTドコモは当初GSMを採用しようとしていたが、規格が中々まとまらなかったため、独自にPDC規格を生み出している。

さらに当時の郵政省(現在の総務省)が、2GではPDCで統一したいという意向があったため、1Gと異なり日本では全ての事業者でPDC方式が採用された。

しかし、同時にPDC方式は日本オリジナルであったため、日本の携帯電話の国際ローミングサービスは2.5G3Gの時代にまでずれ込むことになる原因となってしまった。

cdmaOneは一般的には2Gとされるが、3Gの規格を先取りしているため、2.5Gと呼ばれることもあった。

用語の所属
2G
関連する用語
1G (携帯電話)
2.5G
3G
4G
5G
PDC
GSM
cdmaOne

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club