通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

50MHz帯

辞書:通信用語の基礎知識 無線・アマチュア編 (WAHAM)
読み:ごじゅうメガヘルツたい
外語:50MHz band 英語
品詞:名詞
2000/08/27 作成
2020/08/11 更新

アマチュア無線に用いられる周波数帯域(アマチュアバンド)の一つ。波長が約6mであることから、俗に「6m」と呼ぶことがある。

  • 電波帯域VHF
  • 指定周波数 ‐ 52MHz
  • 周波数域 ‐ 50.00〜54.00MHz
  • 利用条件 ‐ 4アマ以上 (つまり、すべてのアマチュア無線技士が利用可能)

電話用

FM無線電話で使える範囲(レピーター通信、衛星通信、月面反射通信の場合を除く)は、次の通り。

  • 51.00〜52.00MHz
  • 52.90〜54.00MHz

50MHz帯では、これ以外の周波数は無線電話用ではないので、無線機から不用意に発信しないよう注意せねばならない。

念のため

  • FM無線機で電話通信をする場合の使用区分は「広帯域の電話・電信・画像」「全電波形式」である。
  • 業務には使えない。仕事の話をすることは違法である。仕事の話は業務用無線を使用すること。
  • 周波数の独占は認められていない。空いている周波数を使うこと。
  • アマチュア無線はみんなが聴いている。他人に聴かれても恥ずかしくない話をすること!
  • 特に、猥談(すけべな話)は電波法違反。

一覧

各周波数は、次のように用いられている。

以下の使用区別は、電波法第61条、無線局運用規則第258条の2の規定に基づく、平成21年総務省告示第179号「無線局運用規則第二百五十八条の二の規定に基づくアマチュア業務に使用する電波の型式及び周波数の使用区別」による。

50.00MHz〜50.10MHz

A1A、A2A、A2B、A2D、F1B、F1D、G1B、G1D ‐ CW、狭帯域データなど (ただし、50.01MHz±10kHzはJARLによる国際的な標識信号(ビーコン)を送信専用)

この周波数の電波は、A1A電波を除き、月面反射通信または外国のアマチュア局との通信に限り使用することができる。

※F1DとG1Dは、その占有周波数帯幅が3kHz以下の場合に限り使用することが可能

50.10MHz〜50.20MHz

全ての電波の型式

この電波は、狭帯域すなわちその占有周波数帯幅が3kHz以下(A3Eについては6kHz以下)の場合に限り使用することができる。

この周波数の電波は、A1A電波を除き、月面反射通信または外国のアマチュア局との通信に限り使用することができる。

この周波数の電波は、RTTY及びデータ伝送に使用することはできないが、月面反射通信(音声とデータを複合した通信及び画像の伝送を除く)の場合には利用できる。

50.20MHz〜50.30MHz

全ての電波の型式

この電波は、狭帯域すなわちその占有周波数帯幅が3kHz以下(A3Eについては6kHz以下)の場合に限り使用することができる。

この周波数の電波は、A1A電波を除き、月面反射通信または外国のアマチュア局との通信に限り使用することができる。

50.30MHz〜51.00MHz

全ての電波の型式

この電波は、狭帯域すなわちその占有周波数帯幅が3kHz以下(A3Eについては6kHz以下)の場合に限り使用することができる。

51.00MHz〜52.00MHz

全ての電波の型式

広帯域(その占有周波数帯幅が3kHzを超えるもの)専用だが、外国のアマチュア局との通信に使用する場合については、この限りでない。

この周波数の電波はRTTY及びデータ伝送(音声とデータを複合した通信及び画像の伝送を除く)に使用することはできない。

この周波数の電波は、公衆網に接続し音声(これに付随するデータを含む)の伝送をする通信(インターネットを利用して遠隔操作をする場合は除く)には利用できない。

52.00MHz〜52.30MHz

全ての電波の型式

この周波数の電波は、公衆網に接続した音声伝送通信、いわゆるVoIP通信等に限り利用できる(インターネットを利用して遠隔操作をする場合は除く)。

52.30MHz〜52.50MHz

全ての電波の型式

この電波は、狭帯域すなわちその占有周波数帯幅が3kHz以下(A3Eについては6kHz以下)の場合に限り使用することができる。

この周波数の電波はRTTY及びデータ伝送(音声とデータを複合した通信及び画像の伝送を除く)に使用することはできない。

52.50MHz〜52.90MHz

F1D、F2D、G1D ‐ 広帯域ディジタル

広帯域(その占有周波数帯幅が3kHzを超えるもの)に限る。

52.90MHz〜54.00MHz

全ての電波の型式

元々は実験および研究用とされていたが、現在は電話も可となった。

特殊な用途

  • 50.01MHz ‐ ビーコン (JARLが送信する)
  • (周波数は随時確認) ‐ 非常通信周波数
  • (周波数は随時確認) ‐ 呼出周波数・非常通信周波数 (兼用)
  • (周波数は随時確認) ‐ 非常通信周波数

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club