通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

AMR

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:エイエムアー
外語:AMR: Adaptive Multi-Rate 英語
品詞:名詞
2002/10/22 作成
2014/10/20 更新

エンハンスドフルレート型のCELPで、ACELPのマルチレート版となる音声コーデック

3GPPが策定した標準で、GSMで広く使われるようになった。ETSI AMRやGSM-AMRとも呼ばれている。

W-CDMAの音声コーデックにも採用されたため、日本ではFOMAの音声部、FOMAのサービスであるiモーション、当時のVodafone(現在のソフトバンクモバイル)のサービスであるムービー写メールに加えて、auのサービスであるムービーメールEZムービーなどで広く使われるようになった。

種類

次の種類がある。

  • AMR-NB (Narrowband)
  • AMR-WB (Wideband)
  • AMR-WB+

仕様

仕様はRFC 4867にて公開されている。

このRFCにて、AMRファイルフォーマットも規定されている。

用語の所属
音声コーデック
CELP
関連する用語
W-CDMA
ACELP
audio/amr
audio/amr-wb

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club