通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

HS (Bluetooth)

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:エイチエス
外語:HS: High Speed 英語
品詞:名詞
2013/01/20 作成
2013/07/13 更新

Bluetooth 3.0から採用された、最大24Mbpsで通信できる仕様。

目次

既存のBluetoothの仕様に加えて、無線LANの技術であるIEEE 802.11 Protocol Adaptation Layer(PAL)を採用し、最大24Mbpsに対応した。

ペアリングやプロファイルなどは従来と同じBluetoothの仕様/プロトコル/周波数を用いており、必要に応じて下位のレイヤーを別の通信方式に切り替えるAlternate MAC/PHY(AMP)機能が搭載された。

これにより、低消費電力である従来のBluetoothとの連絡を保ちつつ、大量の通信が必要になった際にはIEEE 802.11無線LANに切り替えることが可能になった。

Bluetooth 3.0でもHS採用は必須ではないので、実際にHSを採用した場合、「Bluetooth 3.0+HS」のように記載されることがある。

一方、Bluetooth 3.0だがHSに対応せず従来のEDR対応の場合は、これを「Bluetooth 3.0+EDR」のように記載することがある。

用語の所属
Bluetooth 2.0
関連する用語
EDR (Bluetooth)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club