通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

IEEE 1394b

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術接続編 (CTIF)
読み:アイトリプルイーいちさんきゅうよんビー
外語:IEEE 1394b 英語
品詞:名詞
2005/07/19 作成
2006/08/04 更新

IEEE 1394標準化委員会の作業部会の一つ。およびこの作業部会より2002(平成14)年に仕様が策定された、IEEE 1394およびIEEE 1394aの後継シリアルバスインターフェイス規格。

IEEE 1394bは様々な変更点がある。委細は下記するが、主には高速化(最大3.2Gbps)と長距離化(最大100m)、伝送媒体の追加などがある。

速度

従来のIEEE 1394/IEEE 1394aは100Mbps/200Mbps/400Mbpsまで対応した。

IEEE 1394bは800Mbps/1.6Gbps/3.2Gbpsに対応し、このうち800Mbpsのタイプが現在市販されている。

動作モード

IEEE 1394bはネイティブのbetaモードに加え、IEEE 1394-1995およびIEEE 1394a-2000との互換性があるbilingualモードがある。

コネクター、ケーブル

IEEE 1394b用として新たに9ピンのコネクターが追加されたが、このため既存のIEEE 1394との組み合わせが若干複雑になった。

IEEE 1394と同様に主にはシールド付きより対線(STP)を使う。

また、それ以外の媒体も仕様に含まれており、

が利用できる。

このため、光ファイバーのための初期化や符号化についての仕様が追加されている。

物理層

IEEE 1394bでは物理層の仕様も大きく変わった。

IEEE 1394bでは従来のDS-Linkではなく、ファイバーチャネル等で広く使われている8b/10b符号化を採用した。

また9ピンに増えたことで、通信リンクは二つとなった(TPAとTPB)。このため、例えばTPBが受信中にTPAは送信として利用可能である。

2リンクの活用

IEEE 1394では通信を終えた後にアービトレーション(調整)を行なっていたが、IEEE 1394bでは送受信の最中に行なうことが可能となった。

そしてデータの転送を行なうノードはアービター(中継役)として動作するようにもなった。

このためデータの送受信を終えたら、すぐ次のデータ送信ノードとアービターにバス使用許可が与えられ、すぐ送受信が可能になり、もってバスの利用効率を向上させている。

関連するリンク
http://grouper.ieee.org/groups/1394/b/
用語の所属
IEEE
IEEE 1394
関連する用語
プラスチック光ファイバー

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club