通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

IEEE 802.11g

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:アイトリプルイーはちゼロにーてんいちいちジー
外語:IEEE 802.11g 英語
品詞:固有名詞,団体組織名
2003/06/13 作成
2007/05/24 更新

IEEE 802.11の作業部会の一つで、IEEE 802.11bの高速版を開発することを目的とする。および、この作業部会で作られた規格のこと。

目次

2.4GHz帯の電波(ISM)を使うIEEE 802.11bの後継である。

IEEE 802.11aで採用されている変調方式OFDM物理層に採用(IEEE 802.11bはDSSS)することで、最大で54Mbpsという高スループットを実現させた。

高速なことに加え、既に普及しているIEEE 802.11bと互換性があり、IEEE 802.11bからの移行に必要なのはアクセスポイント1台の交換だけとあってドラフト(最終規格案)の時点で次々と製品が登場するなど、高い注目を集めた。

日本での製品化は、メルコ(現バッファロー)、Apple Computer、コレガ、リンクシス・ジャパンと続いた。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club