通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ISO-2022-JP-2004-compatible

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字符号編 (CTCHRE)
読み:アイエスオウにーまるにーにージェイピーにせんよん・コンパチブル
読み:アイソにーまるにーにージェイピーにせんよん・コンパチブル
外語:ISO-2022-JP-2004-compatible 英語
品詞:固有名詞
2007/10/16 作成
2007/10/23 更新

ISO-2022-JP-2004の亜種の一つ。ISO-2022-JP-2004-strictよりも、更にISO-2022-JPのみに対応した実装へ譲歩した仕様。JIS X 0213:2004で規定されている。

JIS X 0213:2000用のISO-2022-JP-3-compatibleの後継である。

包摂基準

例えば明治・大正期の小説家「森鷗外」の場合、「鴎」「鷗」の2字は、JIS X 0208では同じ符号位置18区10点となる。これを「包摂」という。JIS X 0208漢字表の例示字体は「鴎」である。

森鷗外自身、鴎外と自著していたことが知られており、森を例とするなら「鴎」「鷗」の2字は同じ字であると断定でき、包摂の基準は妥当だといえる。

仕様変更

JIS X 0213の初版JIS X 0213:2000では、包摂基準をゆるめて新たに異体字等の漢字が追加された。この点でも、JIS X 0208と包摂基準の互換性の問題が生じている。

また更にその後、文部科学省の諮問機関である国語審議会により「印刷標準字体」の採用が決定されたことを受けて制定された改訂版JIS X 0213:2004は、例示字体に印刷標準字体を採用した。

改訂版では、互換性を犠牲にして168字の例示字体を変更し、10字を新たに追加した。JIS規格としては、例示字体の変更は「包摂基準内」と判断しているが、新規に追加された字についてはJIS X 0208と包摂基準の互換性の問題が生じている。

JIS X 0213では、上に述べたようなJIS X 0208とJIS X 0213で包摂基準の互換性がなく同一視できない文字に対し、JIS X 0208のエスケープシーケンスで符号化することを禁じている。これを「禁止文字」という。

このISO-2022-JP-2004-compatibleのコンセプトは、極力、JIS X 0208のエスケープシーケンスで符号化する、というものである。

類するISO-2022-JP-2004-strictの場合は仕様に準じて符号化するが、このISO-2022-JP-2004-compatibleの場合は禁止文字であってもJIS X 0208のエスケープシーケンスを使う。

例えばJIS X 0208では「鴎」も「鷗」も18区10点だが、JIS X 0213では「鴎」が1面18区10点で、「鷗」が1面94区69点である。このような禁止文字でも、「鴎」の字はJIS X 0208のエスケープシーケンスを、JIS X 0213にしかない「鷗」はJIS X 0213のエスケープシーケンスを使うことになる。

包摂に関する禁止漢字に対してもJIS X 0208のエスケープシーケンスで符号化することは、JIS X 0213に対する規格違反であるが、その代わりJIS X 0208にしか対応していないソフトウェアでも読める率が高まる。これが、この仕様のコンセプトといえる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club