通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

JIS X 0212-1990

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字集合編 (CTCHRS)
読み:ジスエックスゼロにーいちにー・いちきゅうきゅうゼロ
外語:JIS X 0212-1990 英語
品詞:固有名詞
2005/08/26 作成
2010/03/28 更新

JIS X 0212の初版であり唯一の版。

概要

JIS X 0208が規定する第1水準漢字第2水準漢字で不足する分野向けに策定された。

漢字・非漢字で合計6,067文字が収められており、JIS X 0208-1990の合計6,879文字と合わせて合計12,946文字が利用可能という触れ込みだった。

しかしシフトJISでの符号化を無視したためパソコンで普及せず、殆ど利用されていない。そのためか、更新もされていない。

沿革

この文字集合(CCS)を用いた代表的な符号化方法(CES)は、次の通りである。

シフトJIS系の符号では利用できない。

用語の所属
JIS
文字コード
JIS X 0212
関連する用語
JIS X 0208

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club