通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

MAPOS

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術下編 (CTEQIP)
読み:エムエイピーオウエス
外語:MAPOS 英語
品詞:名詞
2001/05/30 作成
2014/12/17 更新

物理層SONET/SDHを使い、データリンク層HDLCを用いた、PPP over SONETの拡張プロトコル。光伝送技術とインターネット技術を融合させた技術とされる。

SONET/SDHはデータリンク層にATMを使うことが多いが、MAPOSではHDLCを使うことでフレーム単位でのデータ伝送を可能とし、効率を高めている。

MAPOS Version 1は、RFC 2171〜2176で情報提供プロトコル扱いで公開されている。

  • RFC 2171 ‐ MAPOS - Multiple Access Protocol over SONET/SDH Version 1
  • RFC 2172 ‐ MAPOS Version 1 Assigned Numbers
  • RFC 2173 ‐ A MAPOS version 1 Extension - Node Switch Protocol
  • RFC 2174 ‐ A MAPOS version 1 Extension - Switch-Switch Protocol
  • RFC 2175 ‐ MAPOS 16 - Multiple Access Protocol over SONET/SDH with 16 Bit Addressing
  • RFC 2176 ‐ IPv4 over MAPOS Version 1
関連する用語
SSP
HDLC
SONET
SDH

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club