通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

P-in m@ster

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話端末編 (WTELMP)
読み:ピーインマスター
外語:P-in m@ster 英語
品詞:商品名
2001/09/22 作成
2008/07/27 更新

CF+ Type ⅡサイズのNTTドコモPHS

目次

ノートパソコンPDAに内蔵することにより、データ通信が可能になる製品だった。

2001(平成13)年7月27日発売。価格はオープン。

なお、NTTドコモは2008(平成20)年1月7日にPHSサービスを終了したことから、現在では利用できない。

P-in Comp@ctと同様に64kbpsデータ通信(実効伝送速度58.4kbps)が可能。

更に、携帯電話に接続することでPHS圏外の場所でも9600bpsでデータ通信できるほか、DoPaによるパケット通信にも対応した。

また、P-in Comp@ctでは音声通話が出来無かったが、P-in m@sterにはイヤホンマイクにより通話が可能。またFAX送信や、「いまどこサービス」(位置情報サービス)も利用できた。

寸法は、約42.8mm(幅)×51.2mm(高)×6.0mm(厚)。約17g。

用語の所属
CF+
PCカード
PHS
関連する用語
Mobile Card P-in
P-in Comp@ct
NTTドコモ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club