通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

USB Type-C

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術接続編 (CTIF)
読み:ユーエスビー・タイプ・スィー
外語:USB Type-C 英語
品詞:名詞
2014/07/18 作成
2016/05/25 更新

USBで、USB 3.1から採用されたUSBポートおよびUSBコネクターであり、裏表どちらでも挿せるリバーシブルを特徴とする。

2014(平成26)年8月11日に承認されたUSB 3.1仕様で導入された。microUSBと大きさの似た、小型端子のみが用意されている。

Type-Cの端子の用途はUSB Type-Bと同様で、USBケーブルをUSB装置に接続するときに使用されることが想定されている。

このためデータの流れは、装置からコンピューター本体やUSB HUB側へと向かうため、Type-Cの端子はType-Bの端子と同様に「ダウンストリーム型」と呼ばれることがある。

なお、この仕様はUSB 3.1だけでなく、使用するピン数の少ないUSB 2.0用としても利用可能になっており、USB 2.0でもmicroUSBの代わりとして普及する可能性がある。

用途

USB 3.0からは、高速化のためにピン数が増えており、Type-A/Type-Bともに従来との後方互換性を確保する形状で端子を追加した。

しかしUSBは誕生以来「表裏が分かりにくく挿しにくい」という問題を抱えており、標準→ミニUSBmicroUSBという二度(あるいはミニUSBの混乱を含めるとそれ以上)にわたる端子形状の仕様変更があってもなお、この問題は改善がなかった。加えて、iOSデバイスで裏表どちらでも挿せるLightningが採用されてからは、microUSBへの不満が更に高まっていた。

そこでUSB 3.1からは、ピン数が増えたUSB 3.xを小型のコネクターにて実現し、かつ裏表どちらでも挿せるリバーシブルとする新コネクターの採用を決定した。

Type-Cは、従来のコネクターと同様にUSB 3.1の信号線とUSB 2.0の信号線を持つが、コネクターが新形状となるため、従来の機種に接続するためには変換アダプターを用いることになる。

形状

楕円形状の端子が存在する。

従来のUSBコネクターと同様、プラグ側の端に端子があるが、Type-Cでは上下に端子が存在する。

差し込まれる側のジャック側は、中央に板状の接点が用意され、裏表関係なく差し込めるようになっている。

仕様

  • 大電流に対応
    • ケーブルで3A
    • コネクター部で5A
  • リバーシブル対応

端子

端子は上下各12ピンで計24ピンである。端子番号は、片面をA1からA12とすると、もう片面は逆方向にB12からB1となる。

レセプタクル(メス側)の配列は次の通り。

A面B面
番号機能番号機能
A1GNDB12GND
A2SSTXp1B11SSRXp1
A3SSTXn1B10SSRXn1
A4VBUSB9VBUS
A5CC1B8SBU2
A6Dp1B7Dn2
A7Dn1B6Dp2
A8SBU1B5CC2
A9VBUSB4VBUS
A10SSRXn2B3SSTXn2
A11SSRXp2B2SSTXp2
A12GNDB1GND

USB 2.0のみ対応する場合は、SS関係のピン(計8ピン)を省く。

電流

USBのポートはいつの間にか電源コンセントと同じ扱いと化す時代が到来、Type-Cは最初から大電流に対応する仕様となった。

従来のUSBのコネクターやケーブルもUSB BC 1.2なら最大1.5Aまで可能であるが、Type-Cではケーブルで3A、コネクター部で5Aを達成した。

用語の所属
USBコネクター
USB (バス)
関連する用語
USB Type-A
USB Type-B

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club