通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

VGS

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話サービス編 (WTELMS)
読み:ヴィージーエス
外語:VGS: Vodafone Global Standard 英語
品詞:商品名
2006/10/24 更新

Vodafone(旧J-フォン、現ソフトバンクモバイル)が提供していた第3世代(3G)携帯電話サービス。

2002(平成14)年12月20日に正式サービス開始。

しかし名称が不評であったことから、2004(平成16)年12月3日頃にVodafone 3Gへとサービス名称を変更した旨が発表されている。

VGSのサービスブランド中に発売された端末に、次のものが確認されている。

  • V-N701 (NEC製、2002(平成14)年12月20日発売)
  • V-SA701 (三洋電機製、2003(平成15)年4月4日発売)
  • Nokia 6650 (ノキア製、2003(平成15)年8月1日発売)
  • V801SH (シャープ製、2004(平成16)年4月発売)
  • V801SA (三洋電機製、2003(平成15)年12月1日発売)

このサービスでは海外のGSM端末と同様にUIMを利用して端末識別する。

日本国内ではVodafoneが提供するW-CDMAに、国外ではGSMネットワーク(900MHz/1900MHz)に接続できる。なお、南鮮では利用できないが、南鮮専用の携帯電話をレンタルしており、これにUIMを挿すことで類似のサービスを得ることができた。

またVodafoneではV66などの機種も発売していたが、これらは国際ローミング専用であり、日本国内では利用できない。

後に電子メールやWeb閲覧については対応が始まったが、VGS時代にはステーションは遂に対応しなかった。

試験サービス中はJ-フォン3G試験サービスと呼ばれた。

関連する技術
W-CDMA
GSM
UIM
関連サービス
J-フォン3G試験サービス
Vodafone 3G
SoftBank 3G
関連企業等
J-フォン

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club