通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Vodafone

辞書:通信用語の基礎知識 電話情報編 (WTELI)
読み:ボーダフォン
外語:Vodafone 英語
発音:vóudəfòun 英語
品詞:会社名
2006/11/01 更新

英国の大手移動電話会社。本社英国ニューデリー。1982(昭和57)年創業、1985(昭和60)年に英国初の携帯電話商用サービスを開始した。

2001(平成13)年後半から業績が悪化し出し、2002(平成14)年にNTTドコモに負けたが、それまでは世界一位の移動電話会社であった。

社名は、voice(音声)のvo、data(情報)のda、電話のフォンから付けられたとされる。

電話はphoneだが、それがなぜfoneになるのかは不明。

  • 2001(平成13)年: Vodafoneが日本テレコムの筆頭株主になり買収、同時に日本テレコム系の携帯電話会社J-フォンを入手する。
  • 2001(平成13)年12月: ロゴにVodafoneの名が入るようになる。
  • 2002(平成14)年6月30日: 3G試験サービス(J-フォン3G試験サービス)開始
  • 2002(平成14)年12月20日: 3G正式サービスVGS(後のVodafone 3G)を開始
  • 2003(平成15)年3月下旬: J-フォンショップからVodafoneショップへの移行が順次始まり、さらにTVコマーシャル等でVodafoneへのブランド移行の宣伝が始まる。
  • 2003(平成15)年10月1日: 遂にJ-フォンの名が消え、Vodafoneブランドに変わる。
  • 2003(平成15)年10月1日: ハッピータイム開始
  • 2004(平成16)年7月1日: ハッピータイム終了、ハッピータイム2開始
  • 2006(平成18)年3月17日: ソフトバンクによる日本法人買収を発表。買収額は1兆7500億円。
  • 2006(平成18)年8月31日: 2008(平成20)年3月末に2G(PDC)の新規契約終了する旨を発表
  • 2006(平成18)年9月頃: Vodafoneショップからソフトバンクショップへの移行が順次始まる。
  • 2006(平成18)年10月1日: ブランド名を「ソフトバンクモバイル」に変更。

国内では旧J-フォンのインフラをそのまま用い、主としてPDC方式によるディジタル携帯電話サービスを提供した。

その後は国際ローミング対応の第三世代携帯電話、ボーダフォングローバルスタンダード(VGS)も提供を開始した。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club