通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Windows-31J

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字符号編 (CTCHRE)
読み:ウィンドウズさんいちジェイ
外語:Windows-31J 英語
品詞:名詞
2004/02/23 作成
2011/08/31 更新

IANAに登録されたシフトJISの一つ。別名csWindows31J。MIBenum 2024。

Windows日本語。いくつかの外字拡張を含むShift_JIS(csShiftJIS)の拡張。

Shift_JIS(csShiftJIS)のように、最初のバイトが範囲0x81〜0x9Fまたは0xE0〜0xEFの時に2番目のバイトを追加する、と定義される。

使途

Microsoft Windowsの日本語環境(コードページ932)で使われている符号である。

JIS X 0201JIS X 0208からなるShift_JISに、独自の拡張文字を追加した文字コード(CCS)と文字コードの符号化方法(CES)である。

文字集合

Shift_JISに対し、NECとIBMが作った外字(いわゆる機種依存文字)の一部が追加されている。

それぞれ、次のように称されている。

IANAの登録内容からは漏れるが、Microsoft Windows自体の実装として、次の領域がある。

コードページ932では95〜114区(シフトJISでは0xF040〜0xF9FC)にユーザー定義外字領域があり、外字エディターを使いこの領域に外字を登録できるようになっている。

問題

シフトJISは広く普及したが、日本国内だけでも、Microsoft Windows、Mac OSUNIX系OSの環境での交換性に支障が出た。

更に、Unicodeが登場すると、この文字集合に「同じ文字が複数存在する」という問題から、変換処理等に深刻な問題を発生させた。

用語の所属
シフトJIS
MBCS
関連する用語
JIS X 0201
JIS X 0208
Shift_JIS
Unicode

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club