通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

smurf

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術安全編 (CTSEC)
読み:スマーフ
外語:smurf 英語
品詞:名詞
1999/11/04 作成
2006/12/12 更新

ネットワークに対する攻撃の一つ。

目次

まず攻撃したい相手のIPアドレスを使って(IPスプーフィング)、どこかのネットワークにpingを打つ。

この際、特定のホストではなく、サブネットに対してIPレベルのブロードキャスト(xxx.xxx.xxx.255など)を実行すると、サブネット上のすべてのホストが一斉にpingの応答を返す。

ping要求の送信元IPアドレスは攻撃対象のIPアドレスを偽って使っているため、ping応答は全て実際にはping要求は送っていないはずの攻撃対象のネットワークに送られることになる。これを連続的に実行されるとISPなどに接続している回線がパンクすることがある。

smurfは対策が難しく、どこかで遮断してもネットワークが混雑することに変わりはない。

ISPがsmurfを検知して上流で排除すれば防ぐことはできるが、攻撃をリアルタイムに検知して対応してくれるISPは今のところ無い。ただし、source addressを偽造したパケットを送っても、それをISPから外に出さないよう設定しているISPもあり、そのようなプロバイダーからは一般にsmurf攻撃を仕掛けることが難しい。

また変形として、UDPを使うのもあり(7/udpなど)、これはudp smurf、あるいはfraggleと呼ばれているようである。

ホストがブロードキャストあてのICMP ECHOに応答しなければ問題はない。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club