通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

高天原の物語

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道編 (LFOLKES)
読み:たかまがはらのものがたり
品詞:名詞
2005/10/20 作成
2022/03/11 更新

日本神話のうち、須佐之男命高天原を訪れ、狼藉の限りを尽くした後、天岩戸伝説などの事件を起こして高天原を追放されるまでの物語。

この物語は、大きく次の二つに分かれている。

  1. 天照大神と須佐之男命の誓約
  2. 天岩戸

以下は、内容の要約を記す。

天照大神と須佐之男命の誓約

須佐之男命(スサノオノミコト)は本来、海原を治めるのが仕事である。しかしその仕事は一切成さず、毎日のように亡き母のいる黄泉の国へ行きたいと嘆いていた。そして遂に黄泉の国に行く決心をした須佐之男命(以下 弟)は、姉の天照大神(以下 姉)に別れを告げるため高天原を訪れた。弟は礼儀正しい神だったからである。

しかし弟は巨神だった。彼が動くだけで大地震が起こる。そんな状況のため、姉は弟が国を奪いに来たと勘違いする。そこで弟は、自分に邪心が無いことを示すため男神を産む誓約をし、互いの子を生むことを提案した。姉はそれに応じ、弟の剣を口に入れて三柱の女神を産んだ。弟は姉の珠を口に入れ、五柱の男神を産んだ。こうして弟は潔白が認められた。

天岩戸

潔白が認められた弟の高天原での生活が始まるが、しかし姉は自分の珠から生まれたのだからこの5柱の男神は自分の子であると述べたため喧嘩となり、弟はここで狼藉ばかり働いた。

そして機織りの妨害をするに至るが、しかし自分の言い分を撤回できなかった姉はその反省と慎みの念から天岩戸という岩窟に閉じこもってしまった。すると太陽のいなくなった天地は闇に包まれてしまい、大騒ぎとなってしまった。

この一大事に際し八百万の神々は天岩戸の前に集まり、策を労して祭り騒ぎを起こし、その様子を奇妙に思い天照大神は外へ出てみると、すかさず手力男命が連れ出して天地に光が戻ったという。

騒ぎを起こした須佐之男命は高天原を追放され、

この物語は、次の「出雲国の物語」へと続く。

黄泉の国の物語高天原の物語出雲国の物語(出雲神話)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club