通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

脱線

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道信号・保守編 (RSGMN)
読み:だっせん
外語:derail 英語 , el/rel/iĝ/i エスペラント , el/trak/iĝ/i エスペラント
品詞:さ変名詞
2000/07/01 作成
2009/09/08 更新

車両線路から外れること。

鉄道車両は脱線しないことを前提に作られている。

このため、万が一脱線が起きると、大事故や大惨事に直結することが多い。

原因

脱線の原因には、次のようなものがある。

  • 車両や線路の保守不良
  • スピードの出し過ぎ
  • ポイント不転換
  • 線路の置き石
  • 踏切での大型車との衝突
  • 地震、突風などの自然災害

また、細かい原因が重なり合って起きる脱線の原因は、「競合」と呼ばれる。

対策

鉄道は、脱線を起こさないように様々な対策を取っている。

脱線器

逆に、脱線器脱線転轍器などとして、意図的に列車を脱線させるための装置もある。

本線に進入させてはいけないタイミングで誤って発車した場合、これを意図的に脱線させることで本線を支障しないようにすることを目的としている。

関連する用語
競合
フラット
踏切
脱線器
脱線事故

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club