通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

エチゾラム

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・精神薬編 (BPHARM)
読み:エチゾラム
外語:etizolam 英語
品詞:名詞
2005/09/30 更新

科学用語の基礎知識・医薬品情報

自身の健康問題や、副作用への対応方法等に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

マイナートランキライザー(抗不安薬)の成分。チエノジアゼピン精神神経用剤の一つ。

分子式C17H15ClN4S、分子量342.9。CAS番号40054-69-1。

エチゾラム
エチゾラム

効能・用途としては、神経症や鬱病による不安や緊張の緩和、筋収縮性頭痛、頸椎や腰などの痛みなど。副作用は筋弛緩と、それに伴う歩行困難などの症状がある。

この薬は中枢性の筋弛緩作用があるため肩凝りなどにも効果があり、整形外科の診察などでも普通に手に入る。肩凝りで病院へ行き、貰った薬の説明書きに "精神安定剤" などと書かれていて驚く人もいたりするが、この場合の医者の処方に誤りは無い。但し、エチゾラムは耐性が出来やすく、飲んでいるうちに肩凝りにも効かなくなってくる。

製品例に "デパス" など多数ある。

物質の特徴
精神神経用剤
マイナートランキライザー
抗不安薬
適用
鬱病
関連する物質
チエノジアゼピン
成分に含む主な製品
デパス

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club