通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

抗不安薬

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・用語編 (BPHAR)
読み:こうふあんやく
品詞:名詞
2006/10/20 更新

マイナートランキライザーとも呼ばれ、不眠や肩こり、対人恐怖などに使われる効果の弱い精神神経用剤(精神安定剤)。抗不安剤ともいう。

目次

ベンゾジアゼピン系やチエノジアゼピン系が一般的である。

製品

抗不安薬には、次のようなものがある。おおよその目安による強さ順に並べる。

  1. セパゾン
  2. レスタス
  3. レキソタン (≒セニラン)
  4. ワイパックス
  5. デパス
  6. メイラックス
  7. メレックス
  8. メンドン
  9. セダプランコーワ
  10. エリスパン
  11. セルシン (≒ホリゾン)
  12. ソラナックス (≒コンスタン)
  13. コレミナール

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club