通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

催眠鎮静剤

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・用語編 (BPHAR)
読み:すいみんちんせいざい
外語:hypnotic 英語 , dorm/ig/il/o エスペラント
品詞:名詞
2006/03/24 作成
2013/05/12 更新

不眠に効果がある薬剤。通称「睡眠薬」。

マイナートランキライザーの中で催眠作用が強いもので、通常の睡眠と似た中枢神経抑制状態を起こす薬剤のこと。

ハルシオン(薬剤名はトリアゾラム)などが有名である。

正しく用いれば不眠治療に役立つが、正しくない使い方をするといわゆる合法ドラッグになる。

様々な種類があるが、いずれにおいても服用前に用便を済ませておき、服用後は速やかに部屋の明かりを消し布団を被るのが鉄則である。

分類

現在は、成分から大きく三種類とその他に分類されている。

また効果時間から大きく四種類に分類されている。

  • 超短期型 (6時間以内)
  • 短期型 (12時間以内)
  • 中期型 (24時間程度)
  • 長期型 (30時間以上)

主要なもの

既に製造発売中止のものも含む。

ベンゾジアゼピン系

  • 超短期型 (6時間以内)
  • 短期型 (12時間以内)
    • 塩酸リルマザホン (リスミー)
    • ブロチゾラム (レンドルミン)
    • ロルメタゼパム (エバミール)
  • 中期型 (24時間程度)
  • 長期型 (30時間以上)
    • ハロキサゾラム (ソメリン)
    • フルラゼパム (ダルメート、ベノジール、インスミン)

非ベンゾジアゼピン系

バルビツール酸系

  • 短期型 (12時間以内)
    • ヘキソバルビタール (チクロバン)
  • 中期型 (24時間程度)
  • 長期型 (30時間以上)
    • バルビタール
    • フェノバルビタール (フェノバール)

その他

  • 睡眠改善薬
  • 超短期型 (6時間以内)
    • セミ琥珀酸ブタクタミド (リストミンS)
    • 抱水クロラール
  • 短期型 (12時間以内)
    • ブロムワレリル尿素 (ブロバリン)
    • トリクロホスナトリウム (トリクロリールシロップ)
  • 中期型 (24時間程度)
    • ペルラピン (ヒプノジン) ジベンズアゼピン系
  • 合剤
    • ベゲタミンA [塩酸クロルプロマジン+塩酸プロメタジン+フェノバルビタール]
    • ベゲタミンB [塩酸クロルプロマジン+塩酸プロメタジン+フェノバルビタール]
  • 不明

死ぬ可能性

自殺をするのに睡眠薬を飲んで、などということがある。

昔はバルビツール酸系しかなかったので、自殺も可能だった。しかし現在一般に使われるベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、安全性が高く、致死量は極めて多いため、これで死ぬことはまず不可能である。

ベンゾジアゼピン系で死ぬためには、例えばハルシオンなら150錠を一度に飲まねばならず(のんびり飲んでいたら途中で寝てしまう)、当然吐いてはならない。しかし、幾ら頑張っても、そもそも胃に入りきらない。これで死ぬのは人の技を超えており、それだけ出来るなら人生のやり直しも可能であろう。

ちなみに、睡眠薬で死亡した場合は全身の筋肉が弛緩しているので、後に残される体は決して安らかに眠っているようには見えない。

副作用

副作用については、飲む薬剤それぞれによる。

一般的に見られる副作用には、次のようなものがある。

最後のおねしょというのは、睡眠薬により眠りが深くなり過ぎると、子供の頃のように尿意では目が覚めなくなり、もって幼少の頃のように失敗してしまうことを意味している。服用前には、必ず用便を済ませておくこと。

なお、アルコールと共に服用すると効果が増すものが多く、グレープフルーツ系の飲料と共に服用すると相乗効果が認められるものが多いが、副作用も増える可能性が高い。過剰投与(OD)も、このような副作用の率を上げる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club