通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

フルニトラゼパム

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・精神薬編 (BPHARM)
読み:フルニトラゼパム
外語:Flunitrazepam 英語
品詞:名詞
2005/08/19 作成
2007/04/23 更新

科学用語の基礎知識・医薬品情報

自身の健康問題や、副作用への対応方法等に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

中期型催眠鎮静剤抗不安薬の一つ。ベンゾジアゼピン(BZP)系催眠鎮静剤。第二種向精神薬

  • 分子式: C16H12FN3O3
  • 分子量: 313.28
  • 融点: 168℃〜172℃
  • 沸点: (該当資料なし)
  • CAS番号: 1622-62-4
  • 化学名: 5-(2-Fluorophenyl)-1,3-dihydro-1-methyl-7-nitro-2H-1,4-benzodiazepin-2-one

フルニトラゼパム
フルニトラゼパム

常温常圧乾燥下では、白色〜微黄色の結晶性の粉末。

効果・効能

他のBZPと同様、不安や緊張を除き、心を落ち着かせる働きがある。

副作用で、鎮静・催眠作用、筋弛緩作用による肩こり腰痛の緩和、痙攣の緩和などがある。

作用機序

GABAニューロンのシナプス後膜に存在する「BZD受容体」に結合し、抑制性のニューロンの神経伝達物質として働く。

こうして、不安や緊張を除き、心を落ち着かせる働きがある。

注意点

アメリカでは麻薬扱いとなり持ち込むことができないので注意。

日本でも、他の類する催眠鎮静剤が概ね第三種向精神薬なのに対し、本剤は第二種向精神薬となっている。

アルコールとの併用

アルコールとの併用で前方性健忘を起こすことがあるため、併用は推奨されていない。

ロヒプノールは中期型の睡眠薬のため、アルコール抜きでも中途覚醒時に健忘を起こす可能性がある。これは、自発的な起床ではなく、第三者に起こされたりした場合に見受けられる傾向のようである。

物質の特徴
マイナートランキライザー
催眠鎮静剤
第三種向精神薬
成分に含む主な製品
サイレース
関連する用語
麻薬

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club