通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ドリエル

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・精神薬編 (BPHARM)
読み:ドリエル
外語:drewell 英語
品詞:商品名
2003/07/25 作成
2012/10/23 更新

科学用語の基礎知識・医薬品情報

自身の健康問題や、副作用への対応方法等に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

抗アレルギー剤(抗ヒスタミン剤)。市販の睡眠改善薬として登場した。

成分は塩酸ジフェンヒドラミン。メーカーはエスエス製薬。

用量は大人(15歳以上)1回2錠。2錠中、塩酸ジフェンヒドラミンを50mg含む。

定価は次の通り。

  • 1,050円/6錠(税込)
  • 1,995円/12錠(税込)

1錠あたり170円前後もする、非常に高額な薬品である。

姉妹品に、カプセルの「ドリエルEX」がある。

由来

エスエス製薬は、日本初のOTC薬(一般用医薬品)の睡眠改善薬として2003(平成15)年4月1日より全国発売した。

すると注文が殺到、当初は年間売り上げ6億円を目標としたが、僅か1ヶ月でこれを達成してしまったという。

成分・添加物

添加物

規制区分

  • 第②類医薬品
  • 一般用医薬品

実は抗ヒスタミン剤

この薬の成分は本来、風邪薬やアレルギーの薬として使われる第一世代の抗ヒスタミン剤である。

つまり「催眠鎮静剤(睡眠薬)ではない」ため、効果はあまり期待しない方がよい。ストレスや過緊張による一時的な不眠の改善を対象としていて、眠気は元々は副作用であった。

他の副作用に、抗コリン作用に伴う口の渇きや排尿困難などがある。緑内障や前立腺肥大症などの人には禁忌である。抗ヒスタミン剤なので鼻炎にも効くが、睡眠改善薬として考えるとこれも副作用といえるかもしれない。

ぼったくり

さて、2錠中塩酸ジフェンヒドラミン50mgを6錠1000円という価格だが、これは明らかに暴利である。

何しろほぼ同一成分のレスタミンコーワ錠の保険薬価は10mg錠で、当時は1錠6円40銭、2012(平成24)年では5円90銭である。

つまり、ドリエル6錠分の150mgで、当時でも96円、今や88.5円なのである。レスタミン錠なら100錠でも1000円しない。このような商売を放置すれば、国民医療費総額は高騰するばかりであろう。

関連するリンク
睡眠改善薬 ドリエル
用語の所属
催眠鎮静剤
抗ヒスタミン剤
関連する用語
塩酸ジフェンヒドラミン
OTC薬

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club