通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

エフェドリン類

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・精神薬編 (BPHARM)
読み:エフェドリンるい
外語:ephedrine 英語 , efedrin/o エスペラント
品詞:名詞
2001/04/01 作成
2007/10/11 更新

科学用語の基礎知識・医薬品情報

自身の健康問題や、副作用への対応方法等に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

覚醒剤の一種。麻黄(マオウ)より抽出したアルカロイド

次のような物質の総称である。

1885(明治18)年に、長井長義が世界で初めて麻黄より単離し、ヱフェドリン(エフェドリン)と命名した。

鎮咳作用、気管支拡張作用のほか、交感神経興奮作用、中枢興奮作用等の薬理作用がある。

これらは総じて、頭痛、めまい、動悸等の副作用を持ち、長期連用により不安や幻覚等の神経症状、また大量服用では不整脈や心停止などの危険性が指摘されている。

法律では、エフェドリンとして1個中25mgを超えて含有する物(エリキシル剤にあっては1日量中50mgを超えて含有するもの)は劇薬となる。

また、10%を超えて含有するものは覚せい剤取締法により、覚せい原料として規制される。

薬物乱用者の中では、アッパー系ドラッグ(≒覚醒剤)として乱用されているようである。

用語の所属
ドラッグ
覚醒剤
関連する物質
塩酸エフェドリン
塩酸メチルエフェドリン
シャブ
関連する用語
長井長義

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club