通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

塩酸エフェドリン

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・精神薬編 (BPHARM)
読み:えんさんエフェドリン
外語:Ephedrine Hydrochloride 英語
品詞:名詞
2001/04/01 作成
2011/09/03 更新

科学用語の基礎知識・医薬品情報

自身の健康問題や、副作用への対応方法等に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

エフェドリン類の鎮咳剤。「エフェドリン塩酸塩」ともいう。

  • 分子式: C10H15NO·HCl
  • 分子量: 201.69
  • 比重: (該当資料なし)
  • 融点: 218℃〜222℃
  • 沸点: (該当資料なし)
  • CAS番号: 50-98-6
  • ICSC番号: (登録なし)
  • 化学名: (1R,2S)‐2‐Methylamino‐1‐phenylpropan‐1‐ol‐monohydrochloride

塩酸エフェドリン
塩酸エフェドリン

常温常圧乾燥下では白色結晶または結晶性の粉末で、無臭。味は苦い。水溶性。

  • 溶解性:

誘導体、関連物質の例

作用機序

アドレナリン作動性受容体を直接あるいは間接的に刺激し、気管支を拡張させる働きがある。

内用薬として気管支喘息等の咳止め、注射剤としては内服効果に加えて感冒や急/慢性気管支炎、肺結核、上気道炎(咽喉頭炎や鼻カタル)などに伴う咳止め、鼻粘膜の充血や腫脹、脊椎麻酔時の血圧降下などの効能がある。

副作用など

血圧上昇、頭痛、めまい、悪心嘔吐幻覚や妄想を伴う精神症状などの副作用をもたらす場合がある。

この薬の薬理作用は交感神経を興奮させることであるが、延いては副交感神経の抑制が起こることになる。男性の勃起は副交感神経の働きであるため、副作用により勃たなくなることもある。EDぎみの場合には悪化させるおそれがあるので服用には注意が必要。

規制区分

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club