通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

オームの法則

辞書:科学用語の基礎知識 工学系技術編 (NENGI)
読み:オームのほうそく
外語:ohm's law 英語
品詞:名詞
1999/01/27 作成
2021/02/18 更新

1826(文政9)年にドイツの物理学者ゲオルク・ジモン・オーム(Georg Simon Ohm)が発見した、導体を流れる電流に関する法則。

ある導体に流れる電流の量は、その導体の両端にかかる電圧に比例し、その導体の抵抗正比例するというもの。

一般的には次のような公式として知られている、電気・電子工学の分野では最も基本的な法則である。

  • V=IR [V]
  • R=V/I [Ω]

導体と電流電圧の関係

電線など導体は長いほど抵抗は大きくなり(電流が流れにくくなり)、太いほど抵抗は小さくなる(電流が流れやすくなる)。

I = σ×A/ℓ×V [A]

  • I: 電流、単位はアンペア(A)
  • σ: 導電率、ギリシャ文字のシグマ
  • A: 導体の断面積(㎡)
  • ℓ: 導体の長さ(m)
  • V: 導体にかかる電圧、単位はボルト(V)

この式で、σ×A/ℓ = 1/R と置くと、オームの法則の一般形であるI=V/Rが導き出される。

覚え方

V(電圧)、R(抵抗)、I(電流)とし、学校の試験対策などとして使われる互いの算出方法の覚え方がある。まず横線の長いTを描く。上にV、下のそれぞれにRとIを描く。

VRIの図
VRIの図

この絵の知りたい部分を隠すと、その求め方が出てくる仕組みになっている。例えば電流(I)が知りたければIを隠すとV/Rとなる。電圧(V)が知りたければ、Vを隠せばR・Iだと分かる。

ちなみに電圧をEと書くこともあり、この場合「ERI」、つまり「エリちゃんの法則」などとも呼ばれる。ちなみに電圧を「V」と表記するのは電子工学分野特有で、物理学や電気工学では「E」と表記する。これは、「E」がトランジスタエミッタの記号(E)と競合してしまうためである。

用語の所属
法則
関連する用語
V
電流
電圧
電気抵抗
アンペア

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club