通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

R

辞書:文化用語の基礎知識 言語・ラテン編 (LLNLA)
読み:アー
読み:アール
外語:R ラテン語
品詞:名詞
2000/06/03 作成
2013/09/27 更新

ラテンアルファベット第18字。大文字R、小文字r。ギリシャアルファベットに対応する文字はない。

英語では、発音は舌を奥に丸めて「アー」。

用途

音素 /r/ を表わす文字として使用される。

ギリシャ文字のΡ/ρの影響を受けている。同様に影響を受けたキリル文字はР/рである。

呼称

  • エル[er] ラテン語、フランス語、古ドイツ語
  • エレ[ere] 現代ドイツ語
  • エッレ[erre] イタリア語
  • アー[aːr] 英語
  • アール[aːru] 日本英語
  • ロー[roː] エスペラント

英語

  • 英語のスラングでrは、be動詞のareの意。you areをu rのように書く

科学

通信

情報処理

  • 記録媒体のRは、記録可能(Recordable)を表わす (CD-RDVD-R)

運輸・交通

  • R現示は、日本の鉄道信号で「停止

文化・芸術

  • 光の三原色(RGB)でRは、赤(Red)

その他

  • 方向でRは、右側(Right)
  • レーティングのR指定は、子供に見せてはいけないものの一つ

    映画表示で17歳未満禁止のもの。

    日本では 15歳未満禁止のスケベゲームソフトを指す。

  • 究極超人Rは、本名をR・田中一郎という。恐らくRは苗字である
  • ®は、登録商標

電算処理では、次のような符号位置を使う。

R (LATIN CAPITAL LETTER R)
r (LATIN SMALL LETTER R)
R (FULLWIDTH LATIN CAPITAL LETTER R)
r (FULLWIDTH LATIN SMALL LETTER R)

ダイアクリティカルマーク

  • Ŕ ŕ ‐ アキュートアクセント
  • Ŗ ŗ ‐ セディーユ
  • Ř ř ‐ キャロン/ハーチェク
  • Ȑ ȑ ‐ ダブルグレーヴ
  • Ȓ ȓ ‐ INVERTED BREVE
  • Ɍ ɍ ‐ ストローク/スラッシュ
  • ᵲ ‐ MIDDLE TILDE
  • ᶉ ‐ PALATAL HOOK
  • Ṙ ṙ ‐ 上付ドット
  • Ṛ ṛ ‐ 下付ドット
  • Ṟ ṟ ‐ 下付ライン
  • Ɽ ɽ ‐ TAIL
  • Ꝛ ꝛ ‐ ROTUNDA
  • Ꞧ ꞧ ‐ OBLIQUE STROKE
  • ɼ ‐ LONG LEG
  • ɾ ‐ FISHHOOK

ダイアクリティカルマーク×2

  • ᵳ ‐ FISHHOOKとミドルチルダ
  • Ṝ ṝ ‐ 下付ドットとマクロン

その他

  • ɺ ‐ 回転とLONG LEG
  • ɻ ‐ 回転とHOOK
  • ɿ ‐ 反転とFISHHOOK
  • ʀ ‐ 小書き
  • ʁ ‐ 小書き反対
  • ᵣ ‐ SUBSCRIPT
  • Ꞃ ꞃ ‐ インシュラー
  • 🄡 ⒭ ‐ 括弧文字
  • Ⓡ ⓡ ‐ 丸文字
  • 🄬 ‐ 丸文字イタリック
  • 🅁 ‐ 囲み
  • 🅡 ‐ 反転丸文字
  • 🆁 ‐ 反転囲み

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club