通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

気体定数

辞書:科学用語の基礎知識 物理学編 (NPHYS)
読み:きたいていすう
外語:(universal) gas constant 英語
品詞:名詞
2006/07/02 更新

ボイル・シャルルの法則(理想気体の状態方程式)における、温度に対する比例係数。

目次

R=気体定数、P=圧力、V=体積、T=絶対温度、n=気体の物質量(mol数)とすると、

PV=nRT

の式が成り立つ。

つまり、圧力×体積と、絶対温度は比例の関係にあり、気体定数はその比例定数である。

また気体定数(R)は、アボガドロ数(NA)、ボルツマン定数(k)と、次の関係にある。

R=NAk

化学ではR=0.0821[atm·l/mol·K]、物理学ではR=8.3143[J/mol·K]。

物理と化学で値が違うようにみえるが、単位が違うだけで実は同じ値を示している。

ちなみに気象学ではこの気体定数Rの事は普遍気体定数R*と呼び、気体定数R=R*/M (ここでM:気体の分子量)となる。

用語の所属
定数
関連する用語
ボイル・シャルルの法則

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club