通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

カプロン酸

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・脂肪酸編 (NSUBNAF)
読み:カプロンさん
外語:caproic acid 英語 , hexanoic acid 英語 , 己烷酸 支那語(大陸・台湾)
品詞:名詞
2001/03/31 作成
2007/02/20 更新

有機酸(カルボン酸)の一つで、炭素数6で直鎖の飽和脂肪酸。飽和脂肪族モノカルボン酸。ヘキサン酸とも。弱酸

カプロン酸
カプロン酸

常温常圧では無色の油状液体で、特徴的な臭気を持つ。

誘導体、関連物質の例

  • カプロン酸エチル
  • カプロン酸プレドニゾロン

安全性

弱酸である。

強塩基、酸化剤と激しく反応する。

危険性

  • 引火点: 102℃(開放式)
  • 発火点: 380℃
  • 爆発限界: 1.3〜9.3 vol%(空気中)

有害性

  • 刺激
    • 腐食性: (該当資料なし)
    • 刺激性: 眼、皮膚、気道を刺激する
    • 感作性: (該当資料なし)
  • 毒性
    • 急性毒性: (該当資料なし)
    • 慢性毒性: (該当資料なし)
    • がん原性: (該当資料なし)
    • 変異原性: (該当資料なし)
    • 生殖毒性: (該当資料なし)
    • 催畸形性: (該当資料なし)
    • 神経毒性: (該当資料なし)

環境影響

  • 分解性: (該当資料なし)
  • 蓄積性: (該当資料なし)
  • 魚毒性: (該当資料なし)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club