通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

クワーオワー

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体名太陽系編 (USTLNSS)
読み:クワーオワー
外語:Quaoar 英語
品詞:固有名詞
2005/09/21 作成
2007/07/13 更新

パロマー山天文台で発見された太陽系外縁天体(カイパーベルト天体)。

Quaoarの発音が謎過ぎて、各方面から様々に呼ばれている(後述)。

基本情報

衛星

衛星はない。

名称

「クワーオワー」は、朝日新聞によって報じられた時のカナである。恐らく、これが日本に初めてもたらされたQuaoarのカナであった。しかしこの発音が正しいという根拠は何もなく、そもそも誰も発音が分からなかったのである。かくして、各方面はQuaoarの読み方に苦慮したと見られる。

国立天文台は「クワーワー」としているようである。

JANNETではトングバ語で「クァオアル」であるとしている。

この名前は、アメリカの先住民族の神話に登場する、万物が誕生する切っ掛けを与えた存在の名から取られた。国際天文連合の承認がない時点で名前が発表されたため、世界を驚かせた。

規模

直径は約1250kmで、冥王星の発見以来、太陽系で発見された最大の天体である。

しかし直径が冥王星の約半分、月の約1/3と小さいため、第10惑星ではなく「巨大な小惑星」と位置づけられた。

実視等級は18.5等である。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club