通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

グラム染色

辞書:科学用語の基礎知識 生物名編 (BBN)
読み:グラムせんしょく
品詞:名詞
2003/02/22 作成
2008/02/24 更新

細菌の染色法の一つで、代表的なもの。この染色法では細菌を二種類に分類できる。

デンマークの細菌学者ハンス・グラム(Hans Christian Joachim Gram)によって考案された方法で、細菌を色素で染色し、その結果をもって細菌を分類する。

染色により色に染まった細菌をグラム陽性菌、染まらずにく見える細菌をグラム陰性菌と呼ぶ。

検出するもの

この染色法では、その細菌の細胞壁の構造の違いを識別することができる。

細菌の細胞壁というのは、内側がペプチドグリカン(ムレイン、ムコペプチド、ムコポリマーともいう)、外側が外膜(燐脂質)、という構造を基本とする。

そしてグラム陽性菌はペプチドグリカンが厚く燐脂質は薄い、一方のグラム陰性菌はペプチドグリカンが薄く燐脂質は厚い、という特徴がある。

細胞壁の構造の差異は、生物的な差異を示すものでもある。

細菌学や分類学では細菌の分類上重要なものとして扱われている。

また、抗生物質を作る際、治療に抗生物質を用いる際にも重要である。グラム陽性菌グラム陰性菌では性質が違うため、効果のある抗生物質も異なっている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club