通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

コンニャクマンナン

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・食品添加物編 (NSUBNFA)
読み:コンニャクマンナン
外語:Glucomannan 英語 , Konjac Mannan 英語
品詞:名詞
2006/10/05 更新

蒟蒻(コンニャク)の主成分となる多糖類。サトイモ科の多年草コンニャクの根茎から得られる。グルコマンナンともいう。

CAS番号37220-17-0。

コンニャクマンナン
コンニャクマンナン

いわゆる増粘多糖類の一つ。日本では増粘安定剤や製造用剤として、JECFAではゲル化剤増粘剤乳化剤安定剤とされている。

藻やなどと同様に人間の腸では消化されない食物繊維であり、栄養価は殆どない。それゆえダイエット食品としても頻用される。

1996(平成8)年にJECFA(FAO/WHO)は一日許容摂取量(ADI)の制定は不要な、極めて毒性の低い物質としてA(1)ランクに分類している。

物質の特徴
多糖類
関連する用語
こんにゃく (植物)
こんにゃく (食品)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club